太陽光発電のイメージ

太陽光発電でエコ生活

sample 最近では石油の枯渇、CO2の排出量など地球温暖化に繋がる話題が絶えませんね。

そんな中、世界的にも重要視されているのが再生可能エネルギーです。太陽光や風力といった、自然界にあるものを利用して発電しようという動きです。

石油も石炭も天然ガスも、限りある資源ですので、これらに頼っていると資源が枯渇したとき、私たちは電力の元となるエネルギーを確保できず、 大変不便な生活を強いられることになってしまいます・・・(AIに頼りきった今の暮らしにどっぷり浸っている現代人には辛すぎて生きていけないかも)。

再生可能エネルギーの中でも、私たちに最も身近なのが太陽光ではないでしょうか。一般家庭でも屋根にソーラーパネルを設置して自家発電しているお宅を、普通によく見かけるように なりましたよね。太陽光発電と蓄電池を組み合わせて、上手に電気を使用したり、電力会社に売電したりして、家計にも優しく、環境にも優しい、そんな暮らしを取り入れている家庭が 日本でも増えているんです。とてもエコで賢いライフスタイルだと思います。

でも、太陽光発電のしくみについて理解している人は、一体どれだけいるでしょうか・・・?実際に自宅で太陽光発電を利用している人でも、きちんと説明ができる人は、かなり少数だと 思います(もちろん、自分もですが)。

そこで、一念発起して太陽光発電のしくみについて、自分なりに調べてお勉強いたしました。そこで知ったこと、わかったことを、せっかくなのでこのサイトにまとめてみました。 素人目線で素人の方にもわかりやすいように紹介していこうと思いますので、よろしければ覗いていってみてください。

Contents

  • 太陽電池

    太陽電池

    日本は石油や天然ガスなどエネルギー資源に乏しく、エネルギー時給率は約8%と世界でも低い水準となっていて、世界第4位のエネルギー消費大国でもあります。 そこで、将来のエネルギー安定供給のため、国内で生産できる再生可能な太陽電池の開発が進んでいます。 太陽電池は再生可能エネルギーの一つで、温室効果ガスを排出せず、国内で生産できるので、資源の少ない日本にとって重要な国産エネルギー源となっています。             

    もっと詳しく...

  • 原理の概要

    原理の概要

    太陽光発電のしくみ、すなわち原理について、もう少し踏み入って説明したいと思います。 原理について学ぼうとすると、化学的・物理的な分野に入ってきて、かなり専門性の強い内容になってくるので、正直なところ、ずぶの素人(しかもガチガチの文系)である自分には、 理解するのにかなり苦労しました・・・。 抑えておくべきポイントとしては、光エネルギーと半導体になるわけですが、半導体については、別ページでさらに詳しく掘り下げていきます。

    もっと詳しく...

  • 半導体

    半導体

    半導体は、地球温暖化の問題とされているCO2を削減する、省エネ化の鍵を握る重要な役割があるとされています。 いつの頃からか「半導体」という言葉は様々なジャンル・分野で耳にするようになりましたが、やはり一般的には ボヤッとした曖昧なイメージしかできないように思います。半導体の基礎知識としては電気を通したり通さなかったりする物質であること、ここがキモになります。 太陽光発電で半導体は非常に重要な役割を担っています。

    もっと詳しく...

  • 変換効率

    変換効率

    消費電力の削減は、CO2削減にもつながることから、電力の利用効率アップへの関心が高まっています。太陽の光エネルギーを半導体によって電気に変換しますが、 その際の数値(変換効率)が高ければ高いほど、たくさんの電気を生むことができます。その発電技術は現在も研究がどんどん進められ、その成果として、 太陽電池の性能向上や低コスト化によって、太陽光発電の電力コストを低くし、再生エネルギーの導入が急速に拡大しています。

    もっと詳しく...